参考資料等>明朝『武備志』に見る歴代日中双手刀法

日中双手刀法

日中刀法

明朝『武備志』に見る武学探真。
(歴代33代推古天皇:遣隋使607年。34代舒明天皇:遣唐使630-894年。44代元正天皇:日本書紀制定724年――に見る武学武学探真。隋・唐朝702年、科挙・武挙制度制定)
575年倭寇の地は仏教天台宗の地(神仙隠士の地)浙江省天台県天台山天台宗創建の聖地から日向鵜戸神宮※へ伝来された刀法と、歴代日中双手刀法(日本隠流辛酉刀法)の検証を。
※鵜戸山大権現吾平山仁王護国寺両部神道。御祭神は神武天皇の御父君「ウガヤフキアエズノ命」
※延暦元年(781年)50代桓武天皇より勅命、天台宗僧侶光喜坊快久が初代別当とされ、勅号「鵜戸山大権現吾平山仁王護国寺」と賜った。
※延暦7年(788年)最澄は比叡山僧兵延暦寺を建立。最澄804年入唐、805年帰朝

日中刀法
日中刀法
日中刀法
日中刀法
日中刀法
日中刀法
日中刀法
日中刀法
日中刀法
日中刀法
日中刀法
日中刀法
日中刀法
日中刀法
日中刀法
日中刀法
日中刀法
日中刀法
日中刀法
日中刀法
日中刀法
日中刀法
日中刀法
日中刀法
日中刀法
日中刀法

武学探真:
720年、勅撰正史日本書紀制定。
鎌倉幕府歴史書『吾妻鏡』記載、寿永4年(1185年)源平合戦――81代安徳天皇(7歳)入水没年時、歴代天皇家皇位継承三種の神器宝剣が海中に沈み失われたと記載――
熱田神宮(ご祭神 草薙剣)は源頼朝の母由良御前の実家。

日中刀法
日中刀法

国難コロナウィルスと関連(当HP記載)。満州事変日中侵略戦争による第二のアウシュヴィッツ、満州国日本陸軍石井四郎中将細菌生体実験731部隊によるガス室中国人虐殺事件の、日中両国民の検証を「皇宮警察本部へ公益通報済」
(日本国歴史上初、平成4年10月23日中国全人代楊尚昆国家主席が同席した人民大会堂で、昭和20年8月15日終戦後戦争放棄の日本国憲法のもと、第125代明仁天皇陛下は国事行為として日中侵略戦争の清算を、との「お言葉」――「(前略)この両国の関係の永きにわたる歴史において,我が国が中国国民に対し多大の苦難を与えた不幸な一時期がありました。これは私の深く悲しみとするところであります。戦争が終わった時,我が国民は,このような戦争を再び繰り返してはならないとの深い反省にたち,平和国家としての道を歩むことを固く決意して,国の再建に取り組みました(後略)」とのお言葉――を公式表明した。
日本国憲法のもと行われたこの明仁天皇陛下の国事行為の裏で、三井物産株式会社と自民党日本政府が、明仁天皇美智子皇后両陛下を欺き、中華人民共和国を騙し、特定の企業利益を図っていた事実がある。……中国全人代人民大会堂での第125代平成天皇陛下の「お言葉」にもとづいた日中両国民の検証を)

 歴代天皇陵参拝・HP製作者:野上小達 令和2年12月28日記

日中刀法

日本剣道の源流
武学探真(師 広州曁南大学馬明達歴史系教授教伝)
日本隠流辛酉刀法とは、中国から日向国鵜戸神宮※へ伝来された歴代日中隠流辛酉刀法である。
※勅撰正史日本書紀にある神武東征の地
※桓武天皇の勅命で中国仏教天台宗の僧光喜坊快久が当山初代別当となり神殿を再興、寺院を建立
(鵜戸山大権現吾平山仁王護国寺両部神道)
※御祭神は皇室祖先神武天皇即位に関わる神武天皇の御父君「ウガヤフキアエズノ命」
※鵜戸神宮の神域は剣法発祥の霊地であり、その由緒に因み御神刀授与

※故中国武術協会副主席馬賢達老師教伝
(「中華国術は正確な技術を持つもので、訓練法・過程・手段などが正確であり、再現性をもって芸を習得できる」と教伝)
※広州曁南大学歴史系教授馬明達老師教伝
(「武学探真、歴史学は社会を明らかにする」と教伝)


国民の声。第125代平成天皇皇后両陛下生前退位の真相は。
平成4年10月23日日本国憲法の元平成天皇皇后両陛下の国事行為――
満州事変満州国日本陸軍石井四郎中将731部隊による、中国人生体細菌ガス虐殺実験マルタ…日本陸軍が南京侵略の際に行った大虐殺事件等、日中侵略戦争清算の戦争放棄象徴の平成天皇皇后両陛下による国事行為――
の裏で、三井物産株式会社は平成天皇皇后両陛下を欺き中国政府を騙し、歴代自民党日本政府に便宜供与させ企業利益を行った事実が、平成天皇皇后両陛下の生前退位の真相か、日中両国民の国民検証を求め日中友好の為公益通報させて頂きます。