逮捕術警察法の元 国民による生活安全のための学習評価を

学習教材購入先「立花書房」「(株)スキージャーナル」

『一目でわかる逮捕術』より一部

『一目でわかる逮捕術』より
『一目でわかる逮捕術』より
『一目でわかる逮捕術』より
『一目でわかる逮捕術』より
『一目でわかる逮捕術』より
『一目でわかる逮捕術』より
『一目でわかる逮捕術』より
『一目でわかる逮捕術』より
『一目でわかる逮捕術』より
『一目でわかる逮捕術』より
『一目でわかる逮捕術』より
『一目でわかる逮捕術』より
『一目でわかる逮捕術』より
『一目でわかる逮捕術』より
『一目でわかる逮捕術』より
『一目でわかる逮捕術』より
『一目でわかる逮捕術』より
『一目でわかる逮捕術』より
『一目でわかる逮捕術』より
『一目でわかる逮捕術』より
『一目でわかる逮捕術』より
『一目でわかる逮捕術』より
『一目でわかる逮捕術』より
『一目でわかる逮捕術』より
『一目でわかる逮捕術』より
『一目でわかる逮捕術』より
『一目でわかる逮捕術』より
『一目でわかる逮捕術』より
『一目でわかる逮捕術』より

『詳解 日本剣道形』より小太刀形一部

『詳解 日本剣道形』より小太刀形一部
『詳解 日本剣道形』より小太刀形一部
『詳解 日本剣道形』より小太刀形一部
『詳解 日本剣道形』より小太刀形一部
『詳解 日本剣道形』より小太刀形一部
『詳解 日本剣道形』より小太刀形一部
『詳解 日本剣道形』より小太刀形一部
『詳解 日本剣道形』より小太刀形一部
『詳解 日本剣道形』より小太刀形一部
『詳解 日本剣道形』より小太刀形一部
『詳解 日本剣道形』より小太刀形一部
『詳解 日本剣道形』より小太刀形一部
『詳解 日本剣道形』より小太刀形一部
『詳解 日本剣道形』より小太刀形一部
『詳解 日本剣道形』より小太刀形一部
『詳解 日本剣道形』より小太刀形一部

歴代日中剣道連盟旗

歴代日中剣道連盟旗
野上小達門下拝師弟子 宍野寛作
昭和60年2月17日 主催場所:日本武道館
日中親善武道演武交流大会 中国武術代表団馬賢達(副団長)老師曰く「日々研鑽しているものが実戦において出るものである」と。
なお「套路は人に見せ楽しませるもの」と述べている。

双手刀法(双手拳法相関の)左右劈刀

注:口訣 太刀名称「猿手(打刀での名称:柄頭)」による刃筋運用法有り(当映像では刃筋運用は行っていない)
苗刀競技 劈刀
野上小達門下 脇孝徳示範

基本架双手拳法相関の双手刀法

基本架双手拳法相関双手刀法
基本架双手拳法相関双手刀法
基本架双手拳法相関双手刀法
野上小達門下 安部真一示範
馬明達著『武学探真』
常書鴻先生色紙

馬明達老師より野上小達への馬鳳図公伝書(清朝科挙武術 河北塩山県大通備拳伝書)一部公開

馬鳳図公伝書(清朝科挙武術 河北塩山県大通備拳伝書)一部
馬鳳図公伝書(清朝科挙武術 河北塩山県大通備拳伝書)一部

野上小達門下生 拝師弟子

国立大分大学・大学院 卒
・堀礼一郎
・西原正人
・河野晃康
国立鹿児島大学・大学院 卒
・松浦弘明
・川畑幸喜
・山口貴章
・白木康一
・田口克郎
・桑野哲兵
・脇孝徳
国立九州大学(大学院)卒
・双田崇
国立筑波大学(大学院)卒
・宍野寛
国立東北大学・大学院 卒
・石戸谷重之
・大石知明
・大高淳
・大内隆志
・小田雄仁
・小倉英人
・森正明
・川口貴史
・村岡琢正
・鶴島大樹
・佐藤悠介
・佐藤隆幸
・工藤彬展
・栗栖実

祝 東京オリンピック正式種目 空手決定 (昭和天皇陛下下賜金による皇居旧北の丸の地で、昭和60年2月17日、主催日本武道館――日本武道館出版物記載:施主竹中工務店(日本武道館は)法隆寺東院金堂夢殿模造の建物――で行われた日中親善武道演武交流大会精華の賜物)
広辞苑記載:中国大陸南部から沖縄に伝来した唐手術

・日中親善武道演武交流大会:昭和60年2月17日、NHKで全国放送
・『中国伝統 開門八極拳(著者 野上小達/松田隆智)』:昭和61年6月20日発行
・シルクロードから来た天女 法隆寺の開眼法要:昭和63年4月11日、NHKで全国放送
・『シルクロードから来た天女(著者 法隆寺執事長高田良信/NHK取材班)』:昭和63年6月30日発行
・中国政府出版物『中国武術大辞典』:1990年(平成2年)9月発行
(P509に、『中国伝統開門八極拳(著者 野上小達/松田隆智)』の記載あり)

『中国伝統 開門八極拳』奥付
『中国伝統 開門八極拳』奥付
野上小達:法隆寺執事長 故高田良信の甥
松田隆智:昭和60年2月17日(中国武術代表団宿舎 東京飯田橋グランドパレスホテル)日本武道館主催日中武道演武交流大会開催の夜、馬賢達老師宿泊部屋にて松田隆智氏は野上小達立ち会いの元、馬賢達老師に拝師したことを明記する。 このことは、(馬賢達老師の)妻、西安外国語学院白教授、三人の実子(馬越・馬侖・馬斌氏)はご存じである。
馬良驥:開門八極拳P126~129記事の立証。1985年5月、西安の地での元世界ヘビー級チャンピオン モハメド・アリ(イスラム教)と馬賢達老師対戦立ち会いの見届け人。
呉誠徳:王菊蓉女子の夫であり、査拳門王子平の関門弟子
郭瑞祥:1945年、滄州の地で父郭長生立ち会いの元、大通備開門八極拳馬英図に兄郭瑞林とともに拝師
李書亭:馬鳳図公の拝師弟子
何福生:馬英図の拝師弟子

棍術の極意は槍術とされており、棍術・槍術と共に戦術は圏法(大圏・小圏法)である。
棍術打撃法(打・突・押法の三法)、槍術打撃法(刺・突・斬・打・押の五法)など。

[逮捕術 刺股(さすまた)の由来]
江戸時代、罪人を捕らえるのに用いた三道具(突棒・刺股・袖絡み)の一。長柄の先端に鋭い月型の金具を付けた武器――喉首にかけて取り押さえる(広辞苑記載)
身柄確保の逮捕術 三道具もまた歴代日中武術交流長兵の応用なり。
参考:『紀效新書』に記載されている「棍・又扨・狼筅」が、上記三道具「突棒・刺股・袖絡み」になる。

通備門学習者へ 間違えないための注意点
市井営業で郭乃輝蘭州系馬氏通備武芸継承者となっていますがこれは間違いで、正しくは、蘭州馬氏通備武芸継承者は馬令達老師(馬鳳図公三男)であり、郭乃輝氏の勁道は大通備開門八極門とは異なるものであることを明記する。